「電話」の記事一覧

遠い相手とのコミュニケーションの難しさ

”PC の操作方法を教えてほしい”と顧客から問い合わせがありました。

お客様が初心者であればあるほど口頭で説明するのは至難の業。

遠く離れた相手への会議やセミナー。実際に出張すると、膨大な費用と時間がかかってしまいます。

会社での会議においても、支社との連絡手段は電話や出張がメインだったのではないでしょうか。
それではイメージもつかみにくいですし、連絡が行き渡らない可能性があります。

出張の場合は手間がかかります。

複数人の会議形式で、遠くにいるのにまるでそばにいるかのように話したい!
そう思われたことのある方もいらっしゃることでしょう

電話のありがたさ

電話が使えなくなると仕事に大きく影響をします。

電話を通して情報を当たり前のように得ていますがとんでもないことです。

病気にになって健康のありがたさを身にしみて分かる。

電話が使えなくたって電話のありがたさにきがつく。 ということです。

頭が痛いのは電話のコストが高いことです。
日本の電話料金は世界の先進国でトップです。
自慢できないトップです。

kakaku.com の電話料金の資料をご覧下さい。

個人事業でも、大企業でも電話のコストをできるだけ低く抑えたいと考えています。

日本の電話は大手3社に依存しなければなりません。
これら3社の電話料金はほぼ同じです。

一般の消費者が電話会社と電話料金を安くする交渉することは難しいことは明らかです。
メーカーのコストが低くならないのならば、
知恵を使ってコストを抑えた電話の使い方をすれば良いのです。

コストをかけないで電話での情報量を増やすことを考えれば良いと思います。
知恵を出し合って経費節約、利益増大を実現させませんか。

グループの会話は楽しく情報豊富

電話による会話の多くは二人の場合がほとんどです。すなわち、一対一での電話話です。

日本ではまだ多くありませんが、世界では複数の人が同時に電話で話すことが広がっています。

(1)3人以上の人が同時に電話で話をする

(2)PC画面を共有して、音声のみでない豊かな情報伝達をするが注目される

時代になってきます。

(1)を体験していない方、(2)を体験していない方、
(1)と(2)の両方を体験されていない方が多くいらっしゃると思います。

どこか体験するところはありますかとの質問を受けることがあります。
独自でお試しできるインターネットサイトはあります。難しくはないのですが、
最初に少し説明を受けると円滑にお試しができると思います。

PCに慣れていない方にとっては説明をしてくれる場があると行動がしやすくなります。
現在ガイド役を引き受けていただける方を探しています。
同時に、ガイド役になる方のための講座を検討しています。
関心のある方はご協力いただけませんでしょうか。

先生も自宅、生徒も自宅

いろいろな題材を教えている方が多くいらっしゃいます。

教える場合、教室などの場所に受講者は集まってきます。
遠い場所であったり、時間帯が都合の悪いとの理由で受講できない人もいるでしょう。

遠隔から、いつでも教えることができれば、受講者も有難いと思い、先生も場所代の節約になります。
それ以上に教える地域が広がるメリットがあります。

極端に言えば日本全国の人に教えることができます。
先生も自宅、生徒も自宅は夢でなくなりつつあります。

日本の電話代は非常に高い

電話代が高いと思ったことはありませんか

もっと話をしていたいと思っても電話代が気になって早めに切ったことがあると思います。
従来の固定電話の利用者は少なくなり、スマホの利用者が急増しています。
スマホの電話代は1分42円です。 10分で420円、1時間で2520円になります。

複雑で分かりにくい割引制度があるとはいえ、高いです。海外への国際電話の通話料は更に高く感じます。

日本からA国に電話をした時の料金と、A国から日本に電話をかけた料金が大きく違うことは理解できません。 日本の電話料金は先進国の中でダントツに高いです。

あなたは電話代を節約する方法を当然考えているでしょう。 インターネット電話を使っている人が増えています。 skypeなどの電話です。

電話料金が下がることは、規制緩和、本当の自由化が更に達成されない限り期待できないのが実情です。

できるだけ電話をかけないようにするとの消極的な使い方でなく、効率の良い、経済的な使い方をする工夫をしましょう。

電話を上手に使い経費節約をして情報を豊富にする

私は二つの方法を使っています。
(1)複数の人と同時に話をする。
(2)パソコン画面を見たり見せたりして伝達する情報量を多くする。

(1)はテレビ会議や電話会議と呼ばれているもので大企業で使われていますが、小規模の組織や個人レベルではまだまだ使われていません。 つい最近まではNTTなどの電話会社のシステムの費用は安くなかったのが原因かもしれません。

(2)は大企業で最近採用され始めた方法といえます。 生産に電気や水は重要です。そのコストは生産原価に影響しますから企業では重要視しています。 電話も企業活動には重要ですが、あまり重視していないのではないでしょうか。

電話代を節約して豊かなコミュニケーションを考えましょう。

電話で遠くの人に教える

遠くにいる人が困っているとき手助けしたいと思います。
電話で説明をして役に立てれば一件落着です。
電話を使った声だけの説明では、相手の人が理解できない場合があります。

詳しい説明ができる方法があればよいと感じたことはありませんか。
自分のコンピュータの画面を遠くの人に見せてあげることができれば、声の説明より正確に伝えることができます。
このようなツールが使える時代になっています。
リモート支援・リモート指導を積極的に実行する上で大変役立ちます。

電話は便利な道具です。

遠くの人と話をするとき役立つものは電話です。
電話が使えれば世界中のどこにいる人とも話ができます。
電話代を節約する方法を考えましょう。
僅かなお金でも積もれば大金になります。
ビジネスでは経費の節減、家計には余裕を導いてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ